百年炭蔵はこんなに、超すごい。

『微生物が地球を救う。』こんな言葉を頻繁に見聞きするようになりました。


混沌とする現代社会において、微生物の能力が見直されています。地球に生命を生んだアミノ酸、そしてアミノ酸がつくり出した微生物。数限りない生命を育み維持してきた、この微生物の有効利用に人の健康と地球環境の将来がかかっている、と、提唱する研究者が多くなっています。


百年炭蔵のエイジング技術の大きな特性は、この微生物をコントロール出来ること、すなわち悪玉菌(雑菌)を抑制し、善玉菌を活性化させること、すなわち微生物4D制御発酵システムなのです。

食品作りにおいて重要な要素をもつ、発酵と熟成促進を酸化抑制した空間の中で、「時間」をも、コントロール出来るのです。


さらに、電力供給に限界が見えた今日、自然エネルギーへの転換が叫ばれております。

炭キャスなごみHB工法「百年炭蔵」は、地球エネルギーを利用した接地電位アダプター(ICAS)とソーラー発電や蓄電池、交流100Vから負電圧をかける、木炭炭素と電子のハイブリッド工法ですから、ランニングコストがゼロ、もしくはほとんど消費しません。


まさに次世代を担う食品製造法なのです。

ビジネスマッチングから生まれた「炭室熟成ひもの」から見えた百年炭蔵の「ここがすごい」

1.外観(形状)を変えずに食品の旨みをアップした!

2.新鮮さを残しながら熟成促進ができた!

3.空気の効果だけでアミノ酸が増えた!

4.百年炭蔵の製造した「ひもの」は雑菌の増殖を抑制し、日持ちが長くできた!

5.百年炭蔵は、いかなる食品分野にも導入できる!


導入事例 有限会社かねせい水産様

炭室熟成ICASひもの

百年炭蔵が空気を変える

抗酸化空間の創出

私たちの生活空間の空気中にはプラスイオンとマイナスイオンが存在します。


プラスイオンの環境にいると疲れやすいと言われています。これはプラスイオンが体の細胞などに働きかけ、酸化という化学反応を引き起こすことが原因といわれています。


他の多くがナノ・イオン化した水分子を発生させ、空気改善する方法を採用する中で、「百年炭蔵」はピコ・イオン(電子)と木炭のハイブリットでプラスイオンを除去。マイナスイオンの比率を高め、環境の改善する工法です。


ご家族やペットの安全・健康はもちろん、こと安全性をを最重要視する食品業界において、最も信頼のおける製造法は「何も足さない」ことなのです。


百年炭蔵の中では、サラダ油を用いた酸化抑制効果確認試験で、空気中に放置した油分の酸化反応が緩やかであることから、酸化抑制効果があることが確認されました。

空気を改善

オランダ産のアジのひらきで百年炭蔵の効果検証

静岡県沼津市の有限会社かねせい水産様とビジネスマッチングを行い、炭キャスHBなごみ工法を用いて、「炭室熟成ひもの」に挑戦しました。


干物の美味しさである食感・旨味・日持ちに影響のある細菌の比較検査を行いました。

炭室熟成ひもの

「炭室熟成ひもの」のイノシン酸(核酸系の旨味物質)検査

試験項目 試験結果 検出限界 試験方法
イノシン酸 225mg/100g 1mg/100g 高速液体クロマトグラフ法

※(財)食品環境検査協会試験成績証明書データより

備考:オランダ産アジの魚肉部について試験

結果:旨味物質であるイノシン酸は生魚とほぼ同じ量が検出された。

「炭室熟成ひもの」の全アミノ酸を比較試験

全アミノ酸

※(財)食品環境検査協会試験成績証明書データより

備考:オランダ産アジの魚肉部(100g)について試験


全アミノ酸のすべての項目で対象区を上回る結果となった。
なかでも、グルタニン酸が15%増加し、アスパラギン酸も11%増加と、旨味成分が大きく増えていることがわかった。


このアジのひらきはアミノ酸系旨味成分が多く。核酸系のイノシン酸との相乗効果で、より美味しいひらきになったと考えられる。

結果:全アミノ酸すべての項目で対象区を上回った。

「炭室熟成ひもの」の細菌検査で日持ちの比較試験

雑菌の増殖の抑制

※(株)食品微生物センター検査報告書データより

備考:オランダ産アジの頭、骨、ひれ及び尾を除いて試験


オランダ産アジのひらきを10℃で冷蔵保存し、『大腸菌郡』『一般生菌』を比較した。

対象区のアジひらきは、大腸菌郡、一般生菌ともに4日目を過ぎると、急激に増殖が始まるのに対し、試験区のアジひらきは4日目移行の増殖が緩やかであり、「百年炭蔵」は、雑菌の増殖を抑制する効果があることがわかる。

結論
百年炭蔵は、添加物を加えたり、作業工程を変えることなく、
空気質だけでアジのひらきを新鮮さを保って美味しくすることができる製造方法であるといえる。